加賀友禅とは? what is kagayuzen?

加賀友禅は、金沢の地で独自の発展をした無地染を起源に持つ伝統工芸品です。


宮崎友禅斎によってそのデザインが確率され、高い技術とその美しさは現在まで継承されています。


武家風の落ち着きが感じられる、写実的な草花模様が特徴で、


その細かな表現は全て手作業で描かれます。


長い歴史と確かな技術、文化を反映した模様を表現した優美な着物は、


まさに最高級品と評価されるに足りる逸品です。

    1/3

    加賀友禅の起源

    梅染め(梅染め)

    加賀で産出された加賀絹を、梅の樹脂や根を細かく砕いて作った染液で染める技法を「梅染」といい、加賀友禅の起源と言われています。
    染めの回数を変えることで、微妙な色合いを出すことができる繊細な技法で、加賀の梅染めは特に有名でした。
    梅染めを何回も繰り返し黒く染めることを「黒梅染」とも言います。

    2/3

    江戸時代

    「加賀お国染」が確立

    江戸時代に「加賀百万石」という広大な石高を築いた加賀藩は、工芸・学問の府としての武家社会を確立していきました。
    全国各地から技術に秀でた工芸職人を加賀藩に呼び寄せ、加賀の工芸は層の厚さ、質の高さにおいて、他に類をみ見ない程の確固たる地位を築き、発展していきました。
    そのような歴史の中、お国染めの技術は武士や町人の日常着やのれん、夜着、風呂敷などに取り込まれ、紺屋(こうや)の職人達がその技術を磨き続けることができたと伝えられています。

    「加賀お国染」とは、長い歴史の中で発展してきた「梅染」、「黒梅染」、「加賀憲法染」、「色絵・色絵紋(加賀紋)」など、
    加賀独自の染め物を総称した呼び名です。

    3/3

    江戸時代後期

    宮崎友禅斎の登場

    宮崎友禅斎加賀友禅の始祖と言われ、「加賀友禅」の名前の由来となっている人物です。

    京都で染技術を確立し、その後金沢に移り住み、御用紺屋頭取の太郎田屋の元で染衣装の下絵を描いたと言われています。
    染めの際使用していた糊に米糊を使用し、「友禅糊」を開発して友禅染めの基礎を確立させた一方、斬新なデザインを表現し、染めの世界に新風を吹き込みました。

加賀友禅のこだわり

加賀友禅は、武家風の落ち着きのある写実的な草花模様を中心とした
絵画調の柄が用いられ、自然美を巧に描き出します。

ただそれは「絵画調」ではありますが、絵画ではなくあくまで「文様」。
その文様は、自然から学び取ったものを、線の精密さにこだわって描かれています。
機械的にパターン化された文様ではなく、
丸い線や平行線をあえて手描きにこだわることで、
自然の微妙な加減と美しさを表現しているのです。

日本を象徴する着物の中でも、加賀友禅は最も格調高いものと言われています。
大部分の工程が手仕事であり、一人前の作家になるためには数十年もの修行を有します。

伝統の技法を守り、手間と時間を惜しまず本物へのこだわりを頑なに守る。
日本を誇る職人により作られる、守るべき伝統工芸品です。

    1/13

    手描友禅:工程 1

    図案作成

    金沢の自然、文化、古典などから、作家が感動し人に伝えたい情景を、着物の原寸大の上質紙に下図として描き起こします。
    この後の染作業の基礎となる工程で、作者の個性がもっとも良く反映されます。

    2/13

    手描友禅:工程 2

    仮仕立て

    続き模様の繋ぎ目をあわせるために、あらかじめ白生地を着物の形に袖や衿(えり)、身頃(みごろ)などを裁断し、仮縫いします。

    3/13

    手描友禅:工程 3

    下絵

    図案の上に着物の形に仮縫いをした白生地を当て、模様の輪郭を毛筆で丁寧に描きます。
    水に濡らすと消える青花という露草の花の汁が使用されます。直接下絵を描き込む場合もあります。

    4/13

    手描友禅:工程 4

    糸目糊置き

    仕立てを解いた生地の裏に細い竹ひごを張り、下絵の線に沿って筒から糊を引きます。
    この線を「糸目糊」といい、次に行う彩色の工程で、染料が線より外ににじみ出さないようにする防波堤の役割をします。

    5/13

    手描友禅:工程 5

    地入れ

    糊が生地に馴染んだあとで、大豆のしぼり汁(豆汁(ごじる))を薄めた溶液を生地の裏面から塗布し、すぐに強い火 で乾燥させます。
    青花の線を消すと同時に糸目糊を生地に食い込ませます。

    6/13

    手描友禅:工程 6

    彩色

    加賀五彩を基調とした数多くの染料を使って柄の部分の彩色を行います。
    色がにじまないように生地の裏から弱い火をあてながら、筆と小刷毛を使って一つ一つ手で描いていきます。

    7/13

    手描友禅:工程 7

    下蒸し

    生地を蒸して彩色した色を生地に定着させます。
    次の中埋めの糊に染料が吸収されないようにするために行う工程です。

    8/13

    手描友禅:工程 8

    伏せ糊置き(中埋め)

    次の地染めの工程で彩色された模様が汚染されないようにするために、模様の上を糊で塗りつぶします。

    9/13

    手描友禅:工程 9

    地染め

    着物の地色をムラなく引きます。
    湿度や刷毛(はけ)の力加減、重ね塗りの回数によって仕上がりの色が大きく左右され、熟練した高度な技術が必要です。

    10/13

    手描友禅:工程10

    本蒸し

    地染めが乾いた後、生地を約1時間蒸し、染色を定着させます。
    生地の表面にある染料が蒸しによって膨張した繊維の組織に入り込み、定着し、さらに彩りが美しくなります。

    11/13

    手描友禅:工程11

    水洗い(友禅流し)

    生地についている糊や余分な染料を洗い流すための水洗いは「友禅流し」と言われ、以前は自然の川で行われていました。
    糸目糊置きで防染された線が白く細く浮き出て、この線の美しさが加賀友禅の大きな特徴になります。

    12/13

    手描友禅:工程12

    脱水・乾燥・湯のし

    これまでの工程で水にくぐらせたり、熱したり、引っ張ったりしたために不安定になった生地の寸法を元に戻します。
    蒸気により、生地の巾(はば)や目を一定にしていきます。

    13/13

    手描友禅:工程13

    仕上げ

    制作の過程で発生した時の部分への色飛びや文様の色のにじみ、地色のむらなどを直します。
    顔料等で上仕上げをし、彩色補正を行い加賀友禅(仕上げ)が完成します。

加賀友禅・京友禅・東京友禅

加賀友禅は、同じ友禅染の「京友禅」「東京友禅」としばしば比べられます。
図案を染め上げる技術はほとんど変わりありませんが、
その土地の歴史、風土、そこに住んだ人々によりそれぞれ着物の個性が異なります。
それぞれ友禅染のこだわりを知ると、加賀友禅への理解がより深まります。

京友禅

歴史的背景

公家及び町人文化に支えられる

特徴

遠目でもはっきり見える、大きく流麗な集合配列模様(図案調)。
箔や刺繍を始めとする加飾の技術を駆使して、公家や豪商好みの豪華絢爛さを表現。
公家の姫たちや大名の奥方たちが好んだ、四季の花や山水の御所解き模様を併用する模様が特徴であり伝統
抽象的な大きい図柄でデザインされ、朱色が用いられることが多い。

手法・技法

ぼかし(内側から外側へのぼかし)
箔や刺繍などで加飾をし、豪華絢爛を表現

朱・緑・水浅葱・紅・薄青・桃色など明るく、華やかな色が多く用いられる。

製作過程

徹底した分業で制作される

加賀友禅

歴史的背景

武家社会に支えられる

特徴

武家風の落ち着きのある写実的な草花模様を中心とした絵画調の柄で自然美を巧に描き出す。
花鳥風月の写生を基盤にした古典調で、金銀箔や刺繍は加えずに友禅のみで描き、「染の心」が活かされている。
上下関係の厳しい武家文化の暮らしの中で、贅沢が敬遠されていた歴史的背景もあり、武家好みの落ち着きを良しとする。

手法・技法

先ぼかし(外側から内側へのぼかし)
葉の虫喰いを表現する写実的な描写

五彩(藍・臙脂・黄土・草・古代紫を几帳とする紅系統を活かした多彩調)

製作過程

一人の作家が大部分を制作

東京友禅

歴史的背景

江戸の町人に支えられる

特徴

渋めの色が多く使われ、江戸の「粋」な美意識を感じさせる。
町人の暮らしぶりを表す図柄が多く、「磯の松」「釣り舟」「網干し」「千鳥」「葦」などの風景模様が好まれた。
東京の生活感覚や美意識に合わせて臨機応変に変化する東京友禅は、現在はモダンな柄も多く見られる。
後ろ身頃には模様がなく、衽と前身頃の裾に模様を集めた。

手法・技法

糊伏せした白場と、「洗い朱」、「さび朱」の渋い赤や藍色などを効果的に用いるなど、その冴えた配色が特徴

落ち着いた色や渋めな色。全体に藍や白を効果的に用いたさっぱりとした色づかいが多い。

製作過程

元々は分業で制作されたが、現在は一人の作家や一人の工房で制作されることが多い。

加賀友禅の証明

加賀友禅は日本を代表する伝統工芸品であり、現在も新たな作品が生み出されています。
長い歴史の中で受け継がれてきた技術と品質を守っていくために、
加賀友禅には厳格に決められた制度があります。

落款制度

加賀で作家と称されるには、加賀染振興協会に「落款」登録が必要です。

加賀友禅作家になるには工房を営む作家の元で師について加賀友禅の技法を学び、7年以上の修行を行います。
作家として独立するにふさわしい技量を身につけたと判断された時に、
加賀染振興協会の会員2名の推薦(師匠ともう一人の会員)と、2名が規定に従った申請書に署名して協会に提出。
認可されると、落款の登録と協会の会員資格が得られます。

加賀友禅の伝統と品質を守るため、厳しい基準で審査されます。

落款

「私が責任をもって制作したもの」という作品への責任の所在を明らかにするものです。 その手創りの伝統工芸品として品質を確保。消費者に安心感を与え、消費者へ、加賀友禅を所有していることに対する誇りを与えるマークです。 作家の美に対する厳しさと情熱、おもいやりを伝えるものでもあります。

証紙

他産地の類似品防止と高品質の保持のため、加賀友禅には必ず協会発行の証紙を貼付けられます。
証紙には「証紙」と「伝統証紙」の二種類があります。

証紙

加賀染振興協会が発行し、加賀友禅の関連商品の表示のために発行する友禅流しのデザインをあしらった証紙です。
作家の名前が入る欄があり、落款を持つ加賀友禅技術者の製品にのみ証紙が貼付けられます。

証紙の種類

  • ・手描友禅 … 赤
  • ・板場友禅 … 紫
  • ・合繊(ごうせん) … 緑
  • ・手描友禅 小物 … 丸・赤
  • ・板場友禅 小物 … 丸・紫
※ 板場友禅… 型友禅とも呼ばれ、模様を彫刻した型紙を使って模様を染める手法です。
手描き友禅では表現できない緻密な模様が表現できるのが特徴です。
※合繊… 合成繊維の意味で、代表的なものはポリエステルなどがあります。
通常の加賀友禅では絹生地が使用されます。

伝統証紙

伝統的工芸品産業振興協会が発行する証紙で、伝統工芸品であることを証明するマークです。
経財大臣の認定を受けた検査方法に従い、産地の協同組合が厳正に検査をします。
合格した伝統的工芸品にのみ伝統証紙が貼付されます。